民俗学×近代史×偽史『八雲百怪』

0

    JUGEMテーマ:本屋・書店

     

    知らないうちに新刊(3巻・4巻)出ててびっっっっっくりした!!!

     

    八雲百怪

     

    気付いたのは2018年の秋。

    発売されたのは2017年11月。

    1年近く気付かなかった〜〜!

     

    八雲百怪 3 [ 大塚 英志 ]

    価格:1,296円
    (2019/4/11 15:55時点)

    八雲百怪 (4) [ 大塚 英志 ]

    価格:1,296円
    (2019/4/11 15:55時点)

     

     

     

     

    昭和偽史三部作シリーズ

    多重人格探偵サイコの原作も手掛けた大塚英志先生の民俗学者を中心に据えた昭和偽史三部作シリーズの一つ。

    『八雲百怪』は小泉八雲と文明開化の煽りを受けて存在が揺らいだ神々や妖怪たちが消えていく(幽世…こちらとは別の世界に還っていく)様を近代史と絡めて描いています。

    3・4巻では青森の雪中行軍も題材に。

    雪中行軍は実はコロポックルを探していたのでは……という。

    ムー大陸とかそういうトンデモ系が好きな方におすすめ!

    個人的にはフランケンシュタインの怪物の話が胸にきた。

    八雲百怪 1-4巻セット [ 大塚英志 ]

    価格:4,752円
    (2019/4/11 16:00時点)

     

    この三部作、サイコの世界観とばっちり繋がっています。

    大塚作品はスターシステムも大体つながってますけどね。そこも好き……。

    時系列というと

     

    八雲百怪(明治)

    北神伝綺・木島日記(戦前)

    多重人格探偵サイコ(昭和〜)

     

    人におすすめするときにまず挙げるのはいつも『北神伝綺』

    北神伝綺 上【電子書籍】[ 森 美夏 ]

    価格:626円
    (2019/4/11 16:01時点)

    北神伝綺 下【電子書籍】[ 森 美夏 ]

    価格:626円
    (2019/4/11 16:01時点)

    大塚作品にしては珍しく(というのも失礼ですが)綺麗にまとまって終わったシリーズ。

    山人と平地人の間に生まれた北神が、戦争に向かう日本で翻弄されながらもなかったことにされた民俗学の闇の部分を探る。

    こちらは民俗学の祖・柳田國男が狂言回しに。

     

     

    個人的に一番好きなのは『木島日記』の月と主人公・木島の関係性もいい。

    木島日記 上【電子書籍】[ 大塚 英志 ]

    価格:756円
    (2019/4/11 16:01時点)

    木島日記 中【電子書籍】[ 大塚 英志 ]

    価格:756円
    (2019/4/11 16:02時点)

    木島日記 下【電子書籍】[ 大塚 英志 ]

    価格:756円
    (2019/4/11 16:02時点)

    好きな女(肉片)を顔に付けて歩いているというグロいけれど或る意味究極の形。

    サイコにも出てきたガクソの前身・瀬条機関で「この世にあってはならぬもの」(所謂オカルト的な)を仕分ける木島平八郎の物語。

    (ちなみに瀬条機関の更に前身・緑竜会は『八雲百怪』で結成されていました。

     まさかの土玉先生が発案者で、子孫は瀬条で下っ端というか窓際というかで自由に研究していて…。

     土玉家は代々自由にしぶとく好きを追及してるのね〜と感動してしまった)

    こちらの狂言回しは柳田國男の弟子・折口信夫。

    小説も出てます。

    木島日記 (角川文庫) [ 大塚 英志 ]

    価格:950円
    (2019/4/11 16:02時点)

    木島日記 乞丐相 (角川文庫) [ 大塚 英志 ]

    価格:950円
    (2019/4/11 16:03時点)

    木島日記 もどき開口 [ 大塚 英志 ]

    価格:2,376円
    (2019/4/11 16:03時点)

     

     

    近代史入門に

    ただし偽史だから全面的に信じないこと(笑)

    私の近代史入門はこの漫画たちからでした。

    北一輝、甘粕正彦、出口王仁三郎、安江仙弘、トロツキー、ハウスホッファー……。

    創作部分が大きいので丸っと史実とするのはちょっと違いますが、

    でも最後の参考文献一覧の多いは圧倒的。

     

    ドラマ版多重人格探偵サイコが終わらない昭和史の世界でしたが、

    同じく終わらない大正史の世界であるこちらの漫画もおすすめ!

    やっぱり大塚作品。

    打ち切りなのか掲載雑誌がなくなったのか、もっと読みたかった……。

    【中古】 【コミックセット】三つ目の夢二(全2巻)セット/ひらりん 【中古】afb

    価格:256円
    (2019/4/11 16:04時点)


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    plofile

    profilephoto
    ■年齢 1986年生
    ■住んでるところ 青森県
    書店員歴10年目の4歳男児・1歳男児のかあちゃんです。
    文庫文芸コミックの担当をしてきました。
    現在は趣味系の実用書の担当をしています。
    地元新聞に掲載された本をよくお問い合わせいただくのですが、高確率でその本が分からない、広告なのか記事掲載なのか分からず調べられない……という事態があるので自分用にまとめ始めてみました。
    お客さんにおすすめの本をお問い合わせいただくので、自分用のメモもかねて読んだ本やおすすめの本を時々紹介しています。

    お問い合わせ

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM