民俗学×近代史×偽史『八雲百怪』

2019.04.11 Thursday

0

    JUGEMテーマ:本屋・書店

     

    知らないうちに新刊(3巻・4巻)出ててびっっっっっくりした!!!

     

    八雲百怪

     

    気付いたのは2018年の秋。

    発売されたのは2017年11月。

    1年近く気付かなかった〜〜!

     

    八雲百怪 3 [ 大塚 英志 ]

    価格:1,296円
    (2019/4/11 15:55時点)

    八雲百怪 (4) [ 大塚 英志 ]

    価格:1,296円
    (2019/4/11 15:55時点)

     

     

     

    実用書としても読み物としても『ボディビルのかけ声辞典』

    2019.04.05 Friday

    0

      JUGEMテーマ:本屋・書店

       

      ボディビル自体の知名度は高い。

      日々のトレーニングに食事制限と筋肉を育て、ステージ上でその美を競うマッチョな世界。

      ステージ上に向けて客席から独特な応援?声援?のかけ声が飛び交う。

      のイメージ。

      ですが

       

      ボディビルのかけ声辞典

       

      ボディビルのかけ声辞典 [ 公益社団法人 日本ボディビル・フィットネス連盟 ]

      価格:1,512円
      (2019/4/4 15:46時点)

      じゃあボディビルのルールは知ってる?と聞かれると、意外と答えられない。

       

      生き方に迷ったら『書店員X』

      2017.07.31 Monday

      0

        JUGEMテーマ:自分が読んだ本

        発売日には楽天ブックス他諸々通販サイトで書店・本屋ジャンルランキング1位になっていたこちらの本。

        『書店員X』 長江貴士 (中央公論社)

        書店員X 「常識」に殺されない生き方 (中公新書ラクレ) [ 長江貴士 ]

        価格:907円
        (2017/7/31 11:14時点)

        多分全国の書店員がこぞって買ったのだと思います。

        私の職場でも入荷分の7割はスタッフが買っていきました。

        全国的に一大ブームを巻き起こした、カバーがかかって中身が分からない「文庫X」を仕掛けた

        全国でも有名な岩手県盛岡市の書店「さわや書店」の書店員さんの半自伝的な一冊です。

        売り場・仕掛けのノウハウ!という本ではありません。

        どうして仕掛けようと思ったのか。

        どうして全国的にこんなに人気が出たのか。

        という事を、著者の半生を振り返りながら考察するという一冊です。

        ビジネス書というより「生き方」に焦点が当たっていて、

        むしろ書店員よりも、10代の子や学生さんが読むべき一冊じゃないかなぁ、と感じました。

        続きを読む >>
        1